Oct 13, 2008

2008.10.06 「TevaがAstraZeneca(Crestor®)に対して特許侵害訴訟を提起」

2008年10月6日、Teva(テバ)は、AstraZeneca(アストラゼネカ)が販売する高コレステロール血症治療薬「Crestor(クレストール)®」(一般名:Rosuvastatin Calcium(ロスバスタチンカルシウム)、HMG-CoA 還元酵素阻害剤、塩野義(シオノギ)がAstraZenecaに導出。)がTevaの保有する米国特許(RE39,502)を侵害するとして、特許侵害訴訟を提起した。

Tevaの米国特許(RE39,502)は、HMG-CoA 還元酵素阻害剤に特徴的な化学構造(7-substituted-3,5-dihydroxyheptanoic acid又は7-substituted-3,5-dihydroxyheptenoic acid)を有する有効成分を含有する安定化製剤に関するもの。他のスタチン製剤にも影響?
INPADOC family searchによれば、日本には出願されていないようである。


Crestor®に関する情報:


参考:


No comments: