Mar 29, 2014

2014.03.07 「レクサン v. 国」 東京地裁平成24年(行ウ)591

補正ミスに気付かず特許査定に。特許査定を取り消せるのか?: 東京地裁平成24年(行ウ)591

【背景】

「1-[(6,7-置換-アルコキシキノキサリニル)アミノカルボニル]-4-(ヘテロ)アリールピペラジン誘導体」に関する特願2007-542886(WO2006/054830; 特表2008-520653)について、出願人(原告)は、誤った内容を記載した手続補正書を提出したまま特許査定となったことに気付き、特許査定の取消しを求める旨の行政不服審査法に基づく異議申立てをしたが、特許庁長官は却下決定をした。これに対し、原告が下記請求を求めた事案である。

主位的請求:
①本件特許査定が無効であることの確認(行政事件訴訟法3条4項所定の抗告訴訟としての無効確認訴訟)
②本件却下決定の取消し(行訴法3条3項所定の裁決取消訴訟)
③特許庁審査官につき本件特許査定を取り消すことの義務付け(行訴法3条6項2号所定の申請型義務付け訴訟)

予備的請求:
①本件特許査定の取消し(行訴法3条2項所定の抗告訴訟としての取消訴訟)
②本件却下決定の取消し(上記主位的請求②と同じ)
③特許庁審査官につき本件特許査定を取り消すことの義務付け(上記主位的請求③と同じ)

本件手続補正書では、
「・・・R1はフッ素であり,R2は水素原子,C1-C3アルコキシ,C1-C3アルキルまたは塩素であり・・・」
との記載でクレームを補正すべきところを、担当弁理士が、上記下線部分を削除してしまい、
「・・・R1はフッ素であり,R2は塩素であり・・・」
の記載で手続補正書が提出され、そのまま特許査定となってしまった。

【要旨】

原告の予備的請求①及び②は容認。
主位的請求③及び予備的請求③はいずれも不適法であるとされ却下。
主位的請求①及び②はいずれも理由がないとされ棄却。

拒絶理由と補正書の内容が全くかみ合っておらず当該補正書が出願人の真意に基づき作成されたものとはおよそ考え難い場合であって、そのことが審査の経緯及び補正の内容等からみて審査官に明白であるため審査官において補正の正確な趣旨を理解して審査を行うことが困難であるような場合には、このような補正に係る発明につき適正に審査を行うことが困難であり、また、発明の適正な保護にも資さないのであるから、審査官は、特許出願人の手続的利益を確保し、自らの審査内容の適正と発明の適正な保護を確保するため、補正の趣旨・真意について特許出願人に対し確認すべき手続上の義務を負うものというべきである。

本件において、担当審査官は、本件特許査定に先立つ審査に当たり、特許出願人である原告らに対し、本件補正の内容が原告らの真意に沿うものであるかどうかを確認すべき手続上の義務があったところ、上記義務を怠ったものであり、担当審査官には手続上の義務違背があったものと認められる。

上記手続上の瑕疵により、本件特許査定の内容に影響が及ぶものであることは明らかであるから、本件特許査定はこの点において取消しを免れない。

また、本件却下決定には、特許法195条の4の解釈を誤った点において瑕疵があり、その結果、本来、手続的瑕疵を理由として取り消すべきであった本件特許査定を取り消さず、申立てを却下したものであるから、違法として取消しを免れない。

【コメント】

INPADOC patent family searchによると、対応する欧米特許は下記のとおり。
  • EP1819698 (B1)
  • US8314100 (B2)
  • US8598173 (B2)

そして上記米国特許番号に言及しているレクサン(REXAHN PHARMACEUTICALS INC)のプレスリリース(下記)によれば、本件出願が開発中の抗がん剤であるSupinoxin (RX-5902)をカバーする特許であることが分かる。

そして、レクサン発表のポスターの記載から、RX-5902は、1-(3,5-dimethoxyphenyl)-4-[(6-fluoro-2-methoxyquinoxalin-3-yl) aminocarbonyl] piperazineである。

すなわち、本件補正ミスによって、このRX-5902は本件出願クレームでカバーされなくなってしまったのである。この代理人の誤りは、起きてはならないミスであった。

Mar 18, 2014

サノフィ アレグラ特許侵害訴訟でエルメッドエーザイ及び小林化工と和解

エルメッドエーザイ及び小林化工のプレスリリースによれば、両社が製造販売承認を取得したアレグラ®錠(有効成分: フェキソフェナジン塩酸塩)の後発品に関して、サノフィより、アレグラ®錠の2件の用途特許(第3041954号及び第3037697号)に基づく専用実施権侵害差止請求訴訟が東京地裁に提起されていましたが、サノフィより和解の提案があり、本件訴訟の和解が成立したとのことです。
アレグラ®錠の後発品は、この2社だけでなく、多数の後発品メーカーから既に販売されています。

参考:

過去記事:

Mar 15, 2014

ファスジル: Actelion社の不法な開発中止 旭化成ファーマの損害賠償請求訴訟終結へ

CoTherix社にライセンスしたRho-kinase阻害剤「ファスジル(fasudil)」の開発を、CoTherix社を買収したActelion社が不法に止めさせたことを理由として、旭化成ファーマがActelion社に対して損害賠償を求めていた米国訴訟において、カルフォルニア州最高裁判所はActelion社の上告受理申立を却下した。

参考:

経緯:
  • 旭化成ファーマは、CoTherix社との間で「ファスジル」に関する開発・販売権を供与するライセンス契約を2006年6月に締結。

    2006年6月29 旭化成ファーマpress release: ファスジル経口剤及び吸入剤のライセンス契約締結について

  • 2007年1月にActelion社がCoTherix社を買収し、それ以降CoTherix社が「ファスジル」の開発を中止した。
  • 2008年11月に旭化成ファーマは、Actelion社等に対して、被告らが不法に開発を止めさせたことを理由として損害賠償を求める訴えを米国カリフォルニア州サンマテオ郡地方裁判所に提起。
    "At trial, Asahi presented evidence that Actelion acquired CoTherix specifically because it saw Fasudil as a significant threat to its market dominance with Tracleer and that Defendants used unlawful means to stop the development of Fasudil, thereby interfering with the License Agreement. Specifically, Asahi argued that Defendants used extortion and fraud to “painstakingly kill” Fasudil as a competitive product."
  • 2011年11月に被告らに対して総額415.7百万米国ドルの支払いを命ずる第一審判決が下される。
  • 被告側はこれを不服としてカリフォルニア州高等裁判所に控訴。
  • 2013年12月に同裁判所により第一審判決を維持する旨の判決が下される。
  • 被告側は、更にカリフォルニア州最高裁判所に対する上告受理を申立て。
  • 2014年3月13日(現地時間2014年3月12日)当該申立を却下する旨の最高裁判所の決定。

なお、CoTherix社に対しては、ライセンス契約の違反に基づく損害賠償を求めて国際商工会議所(ICC)において仲裁手続を行い、2009年12月、約91百万米国ドルの支払いをCoTherix社に命ずる裁定を得て、旭化成ファーマが既に全額を受領している。

参考(ライセンス契約に係る開発中止をめぐる損害賠償請求事件):

Mar 1, 2014

医薬品販売名の由来

日本売上げ上位の医療用医薬品販売名の由来は下記のとおり(各製品のインタビューフォームより)。個人的には、クラビットの意味、響き、シンプルさが好み。

医薬品販売名は、商標登録を済ませておくことだけでなく、既存の医薬品との製品取り違え防止の観点からの既存医薬品の名称類似性を評価したものでなければならない(医薬品類似名称検索システム)。

ディオバン
ディオバンは AT1 選択性が高いことから受容体に対してはDual effects(AT1受容体をブロックする作用と AT2 受容体にはアンジオテンシンⅡが刺激する作用)を特長とする。この2つの機能を持つバルサルタン(VALSARTAN)という意味からディオバンと命名された。
ブロプレス
ブロ:ブロック(BLOCK)
ブロプレス:血圧(BLOOD PRESSURE)
つまり、アンジオテンシンⅡ(AⅡ)受容体部位に作用し、AⅡをブロックすることによって血圧を下降させる薬剤です。
オルメテック
一般名オルメサルタン(Olmesartan) メドキソミルの「オルメ(Olme)」と technology の「テック(tec)」との組み合わせより。
ジャヌビア
JANUS(ヤヌス、二つの顔を持つ神)、via(経由)から命名。
レミケード
REMI-(remedy:治療),-CADE(aid:支援)に由来。
アリセプト
Ariceptの[Ari]はアルツハイマーを、[cept]は(アセチルコリン)レセプターをイメージしている。
タケプロン
タケダのプロトンポンプイヒビター。
リュープリン
天然のLH−RHと構造の異なる部位と、下垂体刺激ホルモンを表す語尾をつないで名称とした。(6位の)Leu+(10位の)ロリンアミド+レリン(下垂体刺激ホルモンを表す語尾)
ミカルディス
myocardial disease(心筋疾患)、cardiovascular disease(心血管疾患)の二つから、mycardis→micardisと命名した。
リピトール
脂質Lipidから命名した。
ロキソニン
一般名のロキソプロフェンナトリウム(Loxoprofen Sodium)から命名した。
ネスプ
ネスプⓇは「新しさ」「新規性」を意味する novel の「N」、「赤血球造血」「赤血球生成」を意味する erythropoiesis の「E」、「刺激」を意味する stimulate の「S」、「タンパク質」を意味する protein の「P」に由来している。
パリエット
本剤の標的細胞である壁細胞の英名「Parietal Cell」の一部から命名した。
プログラフ
Protect of graft rejection(移植片拒絶反応の抑制)の下線部から命名した。
リリカ
QOL 改善のイメージが可能であり、読み、聞き、書いた場合に印象が良い言葉「Lyric:叙情詩(Music)」、「Lyrical:叙情的な」を由来とする。
クレストール
波頭、頂上、最上を意味する Crestより命名した。
リバロ
Lipids and Vascular event Lowering
脂質をより低下させることで冠血管イベントの発症をより低下させることを期待し、LIVALO(リバロ)と命名した。
プレタール
platelet(血小板)に由来する。
キプレス
喘息の寛解状態を維持する、喘息のコントローラーをイメージしてキープ(維持)+レスト(寛解期)でキプレスと命名した。
セレコックス
一般名セレコキシブ(Celecoxib)の下線部をとって命名した。
エパデール
本剤の成分 EPA-Eの EPA に由来する。
ティーエスワン
大鵬薬品工業(T)の創薬センター(S)の一番目に開発を手がけた薬剤。なお、S-1 が治験コード。
クラビット
CRAVE(熱望する、切望する)IT」から CRAVITとし、待ち望まれた薬剤であることを表現した。
シナジス
RSウイルス(Respiratory Syncytial Virus)の“syn”とギリシャ語で“盾”を意味する“agis”に由来する。
グラクティブ
GLP-1の活性(activity)を保持する、から命名。
オパルモン
ONOとプロスタグランジン(PG)の頭文字よりOP、またPGが局所ホルモンといわれることから、これらを合成し命名した。
ゾラデックス
zola : azaglycine amide(アザグリシンアミド基)
dex : dexterity(器用さ)
LA : Long Acting
10 位の「azagly」と、アストラゼネカ社のホルモン剤に共通する「-dex」とを組み合わせ、発音しやすく「Zoladex(ゾラデックス)」と命名した。
ネシーナ
全く新しい作用機序を有する期待の経口糖尿病薬であることから、New Scienceを由来としています。
マイスリー
MY SLEEPの下線部をとってMysleeと命名した。
アルツ
Arthrosis(関節症)より命名した。
リスパダール
一般名であるリスペリドンより命名。
ガスター
Gaster:Gastric Ulcerを治療するなどの意味。
アレロック
アレルギー(Allergy)症状のブロック(Block)に由来する。
ベシケア
Vesica(膀胱)をCare(保護)する。
アムロジン
一般名の Amlodipine から Amlodin とした。
ハーセプチン
HER:HER2 蛋白、 CEPT:「target する」という意味の接尾語、PTIN:Protein(蛋白質)に由来。
→HER2 蛋白をターゲットとした薬剤(蛋白質)の意味。
エビリファイ
Abilify(~することができるようにする)
Ability(~することができる) + fy(~にする)
カソデックス
caso :去勢 castration
dex :器用さ dexterity
セロクエル
serotoninの「セロ」及びquetiapine(一般名)の「クエ」に由来している。