Dec 5, 2015

ジプレキサ®(Zyprexa®)の有効成分オランザピン(Olanzapine)を保護する物質特許

「チエノ〔2,3-b〕〔1,5〕ベンゾジアゼピン誘導体及び該誘導体を含有する抗精神病薬組成物」に関する特許第2527860号は、イーライリリーにおいて開発され製造販売されているチエノベンゾジアゼピン系抗精神病薬ジプレキサ®(Zyprexa®)の有効成分オランザピン(olanzapine)を保護する物質特許である。

出願日は1991.04.24、20年の存続期間満了日は2011.04.24であるが存続期間延長登録により、当初の適応症である精神分裂病(現在は、「統合失調症」に呼称変更)についてはさらに4年7月8日の延長(先日満了)、追加適応症として承認された「双極性障害における躁症状の改善」については5年の延長(存続期間満了日は2016.04.24)が認められている。

残る再審査期間は、「双極性障害におけるうつ症状の改善」についての2016.02.21まで。

下記は延長登録に関する情報。
  • 延長登録出願2001-700035
    延長登録年月日: 2002.07.17
    延長の期間: 4年7月8日
    処分の対象となった物: オランザピン
    処分の対象となった物について特定された用途: 精神分裂病
  • 延長登録出願2001-700036
    延長登録年月日: 2002.07.17
    延長の期間: 4年7月8日
    処分の対象となった物: オランザピン
    処分の対象となった物について特定された用途: 医薬品の製造原料として用いる
  • 延長登録出願2011-700012
    延長登録年月日: 2012.02.22
    延長の期間: 5年
    処分の対象となった物: ジプレキサ細粒1%(有効成分オランザピン)
    処分の対象となった物について特定された用途:
    双極性障害における躁症状の改善
    なお、今回の処分は一部変更承認であるところ、変更前の用途は統合失調症であり、 今回の処分により上記用途が追加された。
    変更前(統合失調症)
    変更後(統合失調症、双極性障害における躁症状の改善)
  • 延長登録出願2011-700013
    延長登録年月日: 2012.02.22
    延長の期間: 5年
    処分の対象となった物: ジプレキサ錠2.5mg(有効成分オランザピン)
    処分の対象となった物について特定された用途:
    双極性障害における躁症状の改善
    なお、今回の処分は一部変更承認であるところ、変更前の用途は統合失調症であり、 今回の処分により上記用途が追加された。
    変更前(統合失調症)
    変更後(統合失調症、双極性障害における躁症状の改善)
  • 延長登録出願2011-700014
    延長登録年月日: 2012.02.22
    延長の期間: 5年
    処分の対象となった物: ジプレキサ錠5mg(有効成分オランザピン)
    処分の対象となった物について特定された用途:
    双極性障害における躁症状の改善
    なお、今回の処分は一部変更承認であるところ、変更前の用途は統合失調症であり、 今回の処分により上記用途が追加された。
    変更前(統合失調症)
    変更後(統合失調症、双極性障害における躁症状の改善)
  • 延長登録出願2011-700015
    延長登録年月日: 2012.02.22
    延長の期間: 5年
    処分の対象となった物: ジプレキサ錠10mg(有効成分オランザピン)
    処分の対象となった物について特定された用途:
    双極性障害における躁症状の改善
    なお、今回の処分は一部変更承認であるところ、変更前の用途は統合失調症であり、 今回の処分により上記用途が追加された。
    変更前(統合失調症)
    変更後(統合失調症、双極性障害における躁症状の改善)
  • 延長登録出願2011-700016
    処分の対象となった物
    延長登録年月日: 2012.02.22
    延長の期間: 5年
    処分の対象となった物: ジプレキサザイディス錠5mg(有効成分オランザピン)
    処分の対象となった物について特定された用途:
    双極性障害における躁症状の改善
    なお、今回の処分は一部変更承認であるところ、変更前の用途は統合失調症であり、 今回の処分により上記用途が追加された。
    変更前(統合失調症)
    変更後(統合失調症、双極性障害における躁症状の改善)
  • 延長登録出願2011-700017
    延長登録年月日: 2012.02.22
    延長の期間: 5年
    処分の対象となった物: ジプレキサザイディス錠10mg(有効成分オランザピン)
    処分の対象となった物について特定された用途:
    双極性障害における躁症状の改善
    なお、今回の処分は一部変更承認であるところ、変更前の用途は統合失調症であり、 今回の処分により上記用途が追加された。
    変更前(統合失調症)
    変更後(統合失調症、双極性障害における躁症状の改善)

No comments: