Oct 14, 2017

塩野義 欧州特許は無効、メルク社のラルテグラビルに対する差止訴訟敗訴へ

2017年10月13日付け塩野義製薬のプレスリリース(メルク社とのHIVインテグラーゼ阻害薬に関する欧州特許庁審判部での係争について)によると、塩野義が保有するHIVインテグラーゼ阻害薬に関する欧州特許(EP1422218)につき、2017年10月11日、欧州特許庁審判部が、メルク社の主張を認め、当該欧州特許が無効である旨の審決(T1150/15)を出したとのことです。

当該欧州特許についてはメルク社が異議を申立てていましたが、2015年に欧州特許庁異議部が特許有効である旨の審決を出したため、メルク社がその審決を不服として不服申立を行っていました。

現在、塩野義は、当該欧州特許を利用してアイセントレス(Isentress)®(有効成分はラルテグラビルカリウム(raltegravir potassium))を販売するメルク社に対して、ドイツ、英国、オランダ、フランスで差止・損害賠償を求め提訴していますが、これらの国の訴訟でも、当該審決を受けて敗訴判決が出される見込みとのことです。

販売されている抗HIV薬アイセントレスの差止を求め、塩野義がメルク社を各国で提訴しましたが、結局、塩野義特許は無効である(MSDのアイセントレス®(ラルテグラビル) 英国特許訴訟で塩野義が敗訴)か、販売差止を認めない判決(アイセントレスを販売するMSDに塩野義特許の強制実施権が認められる(ドイツ))が出されており、欧州特許も無効審決という塩野義にとっては望ましくない結果となりました。

日本特許(第5207392号)については、メルク社が請求項1ないし3について特許無効審判を請求し特許庁は塩野義による訂正を認めた上で請求項1ないし3に係る発明についての特許を無効とする審決を下しました(無効2015-800226)。現在は知財高裁に審決取消訴訟が提起されています(平成29年(行ケ)10172)。

参考:
関連記事:

No comments: