スポンサーリンク

IL-4Rアンタゴニストのアトピー性皮膚炎処置方法に関する特許第6353838号に対する無効審判請求事件(無効2021-800003号)の口頭審理期日

IL-4Rアンタゴニストのアトピー性皮膚炎処置方法に関する特許第6353838号に対する無効審判請求事件(無効2021-800003号)の口頭審理期日


2022年2月15日

リジェネロン/サノフィの「IL-4Rアンタゴニストを投与することによるアトピー性皮膚炎を処置するための方法」に関する特許第6353838号に対する無効審判請求事件(無効2021-800003号)の口頭審理

請求人 科研製薬 株式会社

【請求項1】
患者において中等度から重度のアトピー性皮膚炎(AD)を処置する方法に使用するための治療上有効量の抗ヒトインターロイキン-4(IL-4R)抗体またはその抗原結合断片を含む医薬組成物であって、ここで前記患者が局所コルチコステロイドまたは局所カルシニューリン阻害剤による処置に対して十分に応答しないかまたは前記局所処置が勧められない患者である前記医薬組成物。

サノフィのアトピー性皮膚炎治療薬「デュピクセント」に関連。ヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体であるデュピルマブが有効成分。

【追記】

審判請求とほぼ同時期に発表されたニューマブ社と科研製薬とのNM26-2198に関係するのか。現時点で分割特許は無効審判請求されていない。
2021.01.13 科研製薬 press release: 新規多重特異性抗体医薬に関するライセンス及び共同開発契約締結について

千代田区霞が関3丁目4番3号, 東京都

カレンダーを表示

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました