2010-02

*Case2010

2010.02.19 EPO拡大審判部審決 G2/08 (dosage regime)

投与方法(dosage regimen)にだけ特徴があるクレームの特許性について、EPO拡大審判部(Enlarged Board of Appeal)が審理していましたが、2010年2月19日に審決が公表されました(G02/08)。審判部はSwiss-type claimの意義にも言及しています。問題となったのはAbbottの下記Swiss-type claim(一部省略)で、下線部(dosage...
*Pharma/IP news

慢性腎不全用剤「クレメジン」の後発品に関する特許権侵害訴訟

クレハの「クレメジン」に関する特許権は無効であるとの日医工及びマイラン製薬の上告・上告受理申立てを最高裁は退けました。クレハ press release: 2010.01.19 慢性腎不全用剤「クレメジン」の後発品(「メルクメジン」、「球形吸着炭『マイラン』」及び「キューカル」)に関する特許権侵害訴訟について(続報)関連記事:2009.03.31 「マイラン製薬 v. クレハ」 知財高裁平成20年...
タイトルとURLをコピーしました