Apr 18, 2012

2012.04.18 「クレハとマイラン・扶桑 クレメジン特許侵害訴訟の和解成立」

クレハとマイラン製薬及び扶桑薬品とが争っていたクレメジンの後発品に関する特許権侵害訴訟において、2012年4月18日付けで和解が成立しました。

クレハのプレスリリースによれば和解内容の骨子は、以下のとおり。

和解の主な内容

(1) マイラン製薬らは、「メルクメジン細粒」、「メルクメジンカプセル 200 ㎎」及び「動物用メルクメジン細粒」が本特許権に係る特許発明の技術的範囲に属することを認め、今後、本特許権及び当社の保有する経口投与用吸着剤に関するその他数件の特許権が有効に存続する限り、これらの製品を製造せず、かつ販売しない。

(2) マイラン製薬らは、解決金として、金10億円(消費税込み)をクレハに支払う。

(3) マイラン製薬らは、今後、本特許権及びクレハの保有する経口投与用吸着剤に関するその他数件の特許権が有効に存続する限り、和解条項に定める製品条件に適合するもの以外の経口投与用吸着剤を「球形吸着炭細粒『マイラン』」、「球形吸着炭カプセル 200mg『マイラン』」又は「動物用マイメジン細粒」として製造・販売等をすることをしない。

(4) マイラン製薬株式会社は、本特許権についての審決取消訴訟を取り下げ、クレハは、これに同意する。

(5) マイラン製薬らは、今後、本特許権及び経口投与用吸着剤に関するその他数件の特許権の有効性を争わない。

(6) クレハは、マイラン製薬らが和解条項の定めに反しない限り、「球形吸着炭細粒『マイラン』」、「球形吸着炭カプセル 200 mg『マイラン』」又は「動物用マイメジン細粒」の製造・販売等について、本特許権及び経口投与用吸着剤に関するその他数件の特許権を行使しない。

参考:


No comments: