スポンサーリンク

小野薬品がイミフィンジ®を販売するアストラゼネカに対して抗PD-L1抗体に関する特許権侵害差止・損害賠償請求訴訟を提起(訴額は約320億円)

2022年2月28日、小野薬品工業株式会社(以下「小野薬品」)のプレスリリース(アストラゼネカ株式会社に対する特許侵害訴訟の提起について)によると、小野薬品が権利を有する抗PD-L1抗体に関する特許(特許第5885764号、特許第6258428号)に基づき、「イミフィンジ®」(一般名:デュルバルマブ)を販売しているアストラゼネカ株式会社(以下「アストラゼネカ」)に対し、2月28日に特許権侵害行為に対する差止請求及び損害賠償請求訴訟(訴額約320億円)を東京地方裁判所に提起したとのことです。

なお、小野薬品は、当該治療が患者さんの生命救済に関わることを考慮して、訴訟外においてでもロイヤルティなどを含む適切な対価を支払う旨の合意がアストラゼネカとなされれば、「イミフィンジ®」の販売差止は求めない方針とのことです。

アストラゼネカが販売する「イミフィンジ®」は、ヒト型抗PD-L1モノクローナル抗体デュルバルマブ/durvalumab(遺伝子組換え)を有効成分とする抗悪性腫瘍剤で、2018年7月に、「切除不能な局所進行の非小細胞肺癌における根治的化学放射線療法後の維持療法」の効能・効果にて承認(日本)されました。2020年8月には、「進展型小細胞肺癌」の効能追加が承認されています。

小野薬品が権利を有する抗PD-L1抗体に関する特許第5885764号及び特許第6258428号は、いずれも本庶氏との共有特許です。別件ですが、現在、ゴードン・フリーマン氏が無効審判を請求しており、その発明の帰属に関して争っていると思われます(記事「抗PD-1抗体に関する本庶特許の発明者を巡る米国での裁判、そして日本・・・(5)」参照)。

抗PD-1抗体に関する本庶特許の発明者を巡る米国での裁判、そして日本・・・(5)
>(4)から続く前回記事「抗PD-1抗体に関する本庶特許の発明者を巡る米国での裁判、そして日本・・・(4)」本庶氏及び小野薬品が特許権者である抗PD-1抗体等に関する特許(いわゆる「本庶特許」)の共同発明者を巡る米国での争いが、日本にも飛び火するのでは・・・と心配していましたが(2020.06.19 記事(1))、その予感が当たってしまいました。こうなることは自明の理といえるかもしれません。...

特許第5885764

【請求項1】
PD-1の免疫抑制シグナルを阻害する抗PD-L1抗体を有効成分として含む癌治療剤。

特許5885764 の図3(腫瘍増殖性に対する抗PD-L1抗体のin vivo効果)より

特許第6258428

【請求項1】
PD-1の免疫抑制シグナルを阻害する抗PD-L1抗体を有効成分として含む、癌治療用の静脈投与用注射剤。

この紛争で和解金等を得たとした場合の配分も、本庶氏との間では、以下の時の和解契約か何らかの取り決めの下で、さすがに整理済みなのだと思われる。

小野薬品と本庶氏との係争 全面的解決を図る和解で決着
2021年11月12日の小野薬品工業(以下、「小野薬品」)のプレスリリースによると、大阪地方裁判所令和2年(ワ)第5608号対第三者訴訟関連分配金請求事件(以下「本訴訟」)について、裁判所からの和解の勧めを受けて、本日、小野薬品と本庶佑氏(以下「本庶氏」)との間で和解が成立したとのことです。小野薬品は、2020年6月19日付にて本庶氏よりPD-1特許に関する対第三者訴訟関連分配金として226億...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました