2019/11/05

第一三共がADC技術の帰属を巡り訴訟提起

第一三共(株)の2019年11月5日付プレスリリース(「当社の抗体薬物複合体(ADC)技術に関する訴訟の提起について」)によると、第一三共は、2008年7月から2015年6月にかけて抗体薬物複合体(ADC)の共同研究を実施していたSeattle Genetics, Inc.(シアトル ジェネティクス社)から、第一三共のADC品に関する特定の知的財産権の帰属を主張する旨の異議の通知を受けたことから、デラウェア州連邦地方裁判所に同社を被告として確認訴訟を提起したとのことです。第一三共は、シアトル ジェネティクス社の主張には根拠がないと考えており、当該ADC技術に係る知的財産権は専ら第一三共に帰属することを判決で明らかにすることを裁判所に求めているとのことです。

第一三共とシアトル ジェネティクス社が締結した共同研究契約は以下で参照できます。
  • Seattle Genetics, Inc. SEC Filing 11/07/2008 Form10-Q Quarterly Report Exhibit 10.2 Collaboration Agreement dated July 2, 2008 between Seattle Genetics, Inc. and Daiichi Sankyo Co., Ltd.

シアトル ジェネティクス社の2019年11月4日付プレスリリース(「Seattle Genetics Responds to Daiichi Sankyo’s Complaint for Declaratory Judgment」)によると、シアトル ジェネティクス社は以下の主張をしています。
"ADC technology used in Daiichi Sankyo’s metastatic breast cancer drug candidate (DS-8201, [Fam-] trastuzumab deruxtecan) among other product candidates, rightfully belongs to Seattle Genetics under the agreement entered into between the two parties in 2008. The linker and other ADC technology used in these drug candidates are improvements to Seattle Genetics’ pioneering ADC technology, the ownership of which are automatically assigned to Seattle Genetics under the terms of the agreement. Seattle Genetics has been abiding by the dispute resolution provisions under the agreement to pursue its legal rights. By filing this lawsuit, Daiichi Sankyo has circumvented the process underway between the parties pursuant to these provisions. Seattle Genetics is committed to protecting the company’s intellectual property rights as it continues to find revolutionary new treatments for cancer patients."

DS-8201(トラスツズマブ デルクステカン)は、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)であり、日本では2019年9月9日付プレスリリースにてHER2陽性乳がんに係る製造販売承認申請されたこと、米国では2019年10月17日付プレスリリースにてHER2陽性乳がんに係る生物学的製剤承認申請がFDAにて受理され審査終了目標日(PDUFA date)は2020年度第1四半期に設定されたことが発表されました。第一三共とアストラゼネカは、2019年3月に全世界(第一三共が独占的権利を有する日本は除く)においてDS-8201を共同で開発及び商業化する契約を締結しており、第一三共が本剤の製造及び供給に責任を持っています。


参考:


0 件のコメント: