スポンサーリンク

タフルプロストを含む医薬に関する特許権について

2023年1月18日、参天製薬株式会社とAGC株式会社の連名による「タフルプロストを含む医薬に関する特許権について」の謹告文が掲載されました。

参天製薬は、AGCから原体の供給を受け、タフルプロスト(Tafluprost)を有効成分として0.0015%含み、効能・効果を緑内障、高眼圧症とする「タプロス®点眼液0.0015%」、「タプロス®ミニ点眼液0.0015%」及び「タプコム®配合点眼液」を製造販売しています。

謹告文によると、

タフルプロストを含む医薬に関して、

それぞれ所有しており、さらに、

  • タフルプロストを含む医薬に関する研究の成果たる発明に関する複数の特許出願も係属中

とのことです。

参天製薬 2022年3月期 有価証券報告書によると、タプロス®点眼液及びタプコム®配合点眼液の日本における2021年度売上収益は、それぞれ84億円及び27億円です。

「タプロス®点眼液0.0015%」及び「タプロス®ミニ点眼液0.0015%」の再審査期間(8年: 2008年10月16日~2016年10月15 日)、並びに「タプコム®配合点眼液」の再審査期間(6年: 2013年9月20日~2019年9月19日)は終了していますが、これら製品の後発医薬品はまだ承認されていません。

タフルプロストの物質特許と思われる特許第3480549号に係る特許権が、存続期間延長期間(5年)も含めて、2022年12月12日に満了していることから、後発医薬品の参入に向けた動きが水面下で活発化しているのかもしれません。

タフルプロスト関連記事:

2009.10.22 「アルコン v. 参天製薬」 知財高裁平成21年(行ケ)10216
「タフロタン」の不使用取消訴訟: 知財高裁平成21年(行ケ)10216【背景】不使用取消審判請求した原告(アルコン)が、請求は成り立たないとした審決の取消しを求めた事案。本件商標商標登録番号: 第4821347号商標の構成: 「タフロタン」の文字及び「Taflotan」の文字を二段に横書きして成る。指定商品: 第5類「薬剤」設定登録日: 平成16年11月25日審判請求登録日:...

参天製薬関連記事:

参天製薬の知的財産活動の景色(2020)
参天製薬は、眼科分野に経営資源を集中しています。日本での売上に大きな貢献をしている主要製品として、アイリーア®、アレジオン®、ジクアス®が挙げられます。特に、アイリーア®(一般名:アフリベルセプト(Aflibercept))は、製造販売元であるバイエル薬品とのコ・プロモーション製品として、参天製薬が日本で601億円(2019年度)を売り上げている眼科用VEGF阻害剤であり、参天製薬の日本における売...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました